スピード名刺のメリット

ビジネスにおいて、名刺交換は非常に重要なコミュニケーションです。そんな名刺がなくなってしまって、急遽必要になった際に、スピード名刺が役に立ちます。この記事ではスピード名刺の作り方からメリットまでを詳しく案内します。

最短、翌日作成が可能な業者もある

一週間後に取引き先と会うことになり、早急に名刺が必要になった。役職が変わったために新しい名刺をすぐに作らなくてはならない、など。仕事をしていれば急に名刺が必要になることがあります。そういった際に役に立つのがスピード名刺とよばれる、すぐに作ってもらうことができ、納品までの時間が短い名刺作成サービスです。名刺製作業者の中には最短で翌日に届けてくれるところもあります。また、近年ではネットを使い用紙を選んで、データなどを入力することができたり、デザインもたくさんのテンプレートの中から自分の好みに合わせて選ぶことができるサービスも増えています。また、スピード名刺を専門的に取り扱っている業者を使うと値段も抑えることができる傾向にあります。潤用紙サンプルなどを送ってくれる場合もありますが、そういった時間もとれない場合は、ホームページなどで仕上がりのイメージなどを確認すると後々の失敗を防ぐことができます。

スピード名刺は小数枚でも安く作れる

近年では業界・企業において少量多品種生産が主流になっていますが、スピード名刺においてもあてはまります。コストダウンに大量の印刷を必要とするオフセット印刷を使わずに、データを直接デジタルで入力することにより、短い納期で低コストの小部数の印刷が可能になるオンデマンド印刷を採用している業者も増えています。オンデマンド印刷機と一口に言っても、メーカー、グレードなど様々な機種が存在します。インクジェットプリンターやオフセット印刷とは印刷方式自体が異なり、インクの光沢が強く色や濃さなどに個体差が出てしまこともあります。また、1枚ごとの印刷する位置に多少のずれが生じることもあります。しかし、光沢に関しては高級感が増すといったメリットと捉えることもできます。印刷のズレに関しても不良品として交換してくれる業者がほとんどですので、それらのデメリットとコストの低さをてんびんにかけて印刷方法は選ぶといいでしょう。

素材は用途に応じて変幻自在に選べる

スピード名刺に使われる素材として一般的なものとしてまず、国産材チップを100パーセント使用したカルセドニー素材の用紙や、透明度が高く、平滑性に優れた上質紙などが挙げられます。どちらもスタンダードな名刺として使うことができる素材です。その他の少し珍しい素材でいうと、アートポストとよばれる素材があります、こちらは、厚みのある最高級の光沢紙を使った名刺で、写真の印刷性などが高く、重量感と高級感があるのが魅力的な素材です。コストに関しては一般的な名刺に比べると多少高くなります。また、さらに光沢感を出したい際は、ミラーコートプラチナとよばれる素材を使うこともできます。こちらは光沢感に加え、反対側の印刷に優れたコート紙仕上げが施されているため、コストに似合った耐久性が得られる素材です。